AGAの薄毛対策について

  • 薄毛対策をしているならアルコールは控えること

    • 薄毛対策としては食生活を見直すことが重要ですが、一番控えておかなくてはならないものが、アルコールです。



      過度な飲酒は、確実に薄毛を進行させるものであるとして医師からも指摘がされています。



      その原因にはいろいろなものがあって、まず一番大きいとされているものとしては、アミノ酸が不足しがちになるということが言われています。アルコールが体内に入ると、それを分解するためにアミノ酸が使われます。

      アミノ酸は髪の毛を形作っているもので、薄毛対策には非常に重要となる物質です。



      これがアルコール分解に用いられると、髪の毛まで十分に回らなくなってしまいます。その結果として、いつまで経っても髪の毛が生えてこないということになるわけです。



      さらに、アルコールは成長ホルモンの分泌を阻害する効果もありますから、髪の毛にはいいとは言えないのです。

      薄毛対策を進めているのであれば、お酒はできるだけ控えておく必要があるでしょう。



      いっそのこと、禁酒してしまうのもありかもしれません。
      お酒はそもそも体にとってもあまりよくないものですから、飲まないに越したことはないのです。


      アルコールは発毛の阻害をしますし、抜け毛の原因ともなりますので注意が必要です。
      他にも、タバコも控えておくのがいいとされています。



      これは、タバコを吸う事で毛細血管が細くなってしまうので、髪の毛にはあまりいい影響がないからです。


      塩分なども控えて、とにかく体にいいとされることをするのが、髪の毛にもいいのです。

  • 関連リンク