AGAの薄毛対策について

  • AGAの薄毛対策として有効なものにプロペシアがある

    • AGAとは男性型脱毛症のことを指しており、この症状は男性ホルモンの影響が関係していて、男性ホルモンが毛根細胞と結びつくことによって薄毛が進行してしまうことがわかっています。

      AGAの症状としては額の生え際が徐々に薄くなっていくものや、頭頂部から薄毛が進行するタイプなど様々なものがあります。



      DHTという男性ホルモンが髪の毛乳頭細胞のホルモン受容体と結合してしまうことで、抜毛が促進される現象となります。AGAの薄毛対策として有効性のあるものとしては、プロペシアという医薬品が有名です。



      プロペシアにはAGAの原因とされる男性ホルモンのDHTの生成について抑制させる効果がありますので、その効果によって抜毛を予防できます。



      DHTは血液内部の酵素の働きを阻害する効果があることで、それによって抜毛の原因となる男性ホルモンの役割を阻害できて薄毛対策をすることができます。



      薄毛対策として有効性の高いプロペシアは飲み薬となっていて、1日に服用できる量が決められています。

      医師の判断によっても適正な容量は異なってくるものと言えますが、1日の上限は5錠までと定められていますので、容量を守って服用することが健康を阻害しないために重要です。



      プロペシアによる薄毛対策の効果が期待できるものは男性型の脱毛症のみとなっていて、男性ホルモンが原因ではない薄毛の症状であったり、女性に対しては効果がないものと考えられています。

      個人差によって薬の感度が異なってきますので、医師の処方のもとで適正な量を判断して服用することが最適です。



  • 関連リンク

    • AGAとは男性型脱毛症のことを指しており、この症状は男性ホルモンの影響が関係していて、男性ホルモンが毛根細胞と結びつくことによって薄毛が進行してしまうことがわかっています。AGAの症状としては額の生え際が徐々に薄くなっていくものや、頭頂部から薄毛が進行するタイプなど様々なものがあります。...

    • 薄毛対策上、アルコールについてはメリットもデメリットもあると言ってもいいでしょう。薄毛の予防はとにかく頭皮の血流を良くして髪の毛に栄養を行き渡らせることです。...